本文へ移動

柱状礁で創る豊かな海

柱状礁の最新映像

2020年5月 北海道古平町の最新映像

柱状礁 ベーシック2m型
2020年5月24日、北海道古平町に設置した柱状礁には、昨年同様、ホソメコンブが繁茂し、ウニ類やアワビ類への餌料効果も確認されました。海水温の上昇とともにウニの食圧が高くなり、コンブの全体量は減少しつつある状況ですが、近傍の岩礁や転石・投石にはコンブは見られず、柱状礁の高い海藻類増殖機能と給餌効果が発揮されていました。

柱状礁の機能

藻場

本製品は海藻類の生育に適しており藻場を形成することができます。

増殖場

本製品は魚類の餌資源であるプランクトンやアミ類を蝟集・増殖させます。

幼稚魚の育成場

本製品に海藻類が繁茂し、海中林を形成することで幼稚魚の育成場となります。

成魚の棲み場

本製品には根魚も棲み込むことができるため成魚の棲み場となります。

浅場の漁場

本製品には回遊魚が集まることから漁場として活用できます。
本社
隠岐研究所
株式会社海中景観研究所

【本社】
〒690-0825
島根県松江市学園1-7-30 インフィニティ1F
TEL:0852-33-7820
FAX:0852-23-4402
 

【隠岐研究所】
〒685-0106
島根県隠岐郡隠岐の島町蛸木後谷622-1
TEL:08512-6-2341
FAX:08512-6-2342
 
TOPへ戻る