本文へ移動

食害防止籠付き柱状礁

       食害防止籠付き柱状礁
諸元
縦:3.00m、横:3.00m、高さ:2.10m
重量:8.12 t、籠内の海藻着生面積:11.24m²

特徴・機能
・4本の柱が立つユニークな構造が海藻を繁茂させる
 機能に優れ、イスズミ、ブダイ、アイゴなどの植食
 性魚類の侵入を防ぎます。
・実証試験を行った特殊な防藻網を使用しており、食
 害防止籠が付着物に覆われにくいです。
・強度試験で実証した強固なフレーム構造です。
・漁網を使用した出入口があり、施工時および水中で
 も容易に海藻種苗の取り付けが可能です。

汚れにくい防藻網

防藻網の海水暴露試験の継時変化

 防藻網には、長期間の養殖期間を要するマグロ養殖などにも使用されているCu2O含有樹脂被覆亜鉛メッキ鉄線金網(トワロン社製)を使用しています。当社では、約2年におよぶ試験から、防藻網(一番上)は、比較対象の網(亜鉛メッキ金網、防錆被覆金網)に比べ、付着物量が少ないことを実証しました。

強度試験で実証した強固なフレーム

フレーム構造の強度試験の様子。
漁網の耐摩耗性試験の様子。
 フレーム構造の強度試験では、当社設置実績のある長崎県平戸市志々伎の30年確立波の流体力を想定して検証し、十分に強度があることを確認しています。
 また、上部および出入口部に使用する漁網(防汚処理加工)の耐摩耗性試験も実施しています。
本社
隠岐研究所
株式会社海中景観研究所

【本社】
〒685-0015
島根県隠岐郡隠岐の島町港町大津ノ二・13番地4
TEL:08512-3-1101
FAX:08512-2-1423
 

【隠岐研究所】
〒685-0106
島根県隠岐郡隠岐の島町蛸木後谷622-1
TEL:08512-6-2341
 FAX:08512-6-2342
 
TOPへ戻る